【宿泊体験型モデルハウス計画リポート⑨】

こんにちは再び基礎工事の続編をお届けします

 

3月14日(土)、とうとう型枠が外されました

どっしりした基礎の枠が出来あがっています

パナホームの基礎形状は逆T字型鉄筋コンクリート造布基礎

シンプルで強靭な構造が特長で、荷重に粘り強く絶える基礎工法です

型枠完成.jpg

3月17日(火)、【防蟻・防湿シート】の工程に入ります

基礎の土間部にパナホームが採用している防蟻・防湿シートを敷きこみます

これは、床下からの湿気を遮断し、白蟻などの害虫が近づきにくくする

効果があります

シート端部に土を盛り、基礎側面に防蟻薬液を塗布し、

防蟻・防湿シートと基礎の入り角の防蟻処理を施します

薬液塗布.jpg

防蟻処理が終わると、ワイヤーメッシュという網状の金属を敷き詰めていきます

ワイヤーメッシュは、コンクリートのヒビ割れ防止及び、強度補強です

メッシュ.jpg

次に、防蟻・防湿シートとワイヤーメッシュの上に、生コンを圧送していきます

圧送されたコンクリートの天端を平滑にするために、タイピング

(表面を叩いて締め固める)を行います

その後、コテで表面を丁寧に均していきます

デコボコなどがないよう、キレイに均すのは難しそう

職人さんの技が光ります

ならし.jpg

3月18日(水)、コンクリートが乾いて基礎が完成しました

基礎完成.jpg

次はいよいよ上棟ですお楽しみに